• ホーム
  • YouTubeはSEOにとってどれくらいの効果があるのか

YouTubeはSEOにとってどれくらいの効果があるのか

YouTubeを広告に活用すると言っても、それには二つのやり方があります。
まず、YouTubeを広告媒体として使用する場合、他人の作った作品動画の中やサイドバーに広告を表示させると言う方法が存在します。
もう一つの方法としては、自分で動画を作成しそのコメント欄等から自サイトや商品への誘導を行うというものがあります。

前者のやり方はインストリーム広告、およびインバナー広告と呼ばれています。
YouTubeを観ている時にこうした広告を目にしたことがある人は多いと思いますが、作品を視聴している最中に広告が挿入される事には不快感を抱かせる事もあります。
動画の途中で何度も広告をクリックして消さなくてはいけないのは、かなり面倒臭いことです。

始めたばかりの会社がこうした広告を打つと、あまりの唐突さにユーザーからは逆に反発を招いてしまう可能性があります。
ですから、ビギナーはまず自分の作品を作ってそれを広告代わりにするやり方のほうが向いていると考えて良いでしょう。

YouTubeの動画でSEO効果を得る目的で制作することは、VSEOと呼ばれることもあります。
SNSをSEOに利用する時と同じように、VSEOにはYouTubeの仕組みや方針に関連していくつか注意しておかなくてはいけない点があります。

まず、YouTubeで上位表示を目指すのはかなり難しい事が挙げられます。
BGM等を使う場合には、著作権に気を付けないと違法なコンテンツだと判断されてしまいますから、一筋縄では行かないものがあります。
もちろん、違法行為を助長するようなものやヘイト等はすぐにペナルティの対象になります。

YouTubeを広告に使う場合、動画そのものの質よりは周辺情報に気を使ったほうユーザーにクリックされやすいと言われています。
すなわち、検索エンジン向けの対策をする時と同じように、ユーザーが気になっているキーワードに関連付けて動画を公開する訳です。
また、説明文も分かりやすく書くように心がけたほうが良いでしょう。

こうしたやり方をすることで徐々にユーザーの関心は高まっていくため、YouTubeでの検索上位にも表示されるようになります。
実際に作成する動画については、容量は出来るだけ少なくしてスマホユーザーにも見てもらえるようにすべきです。
あまりにも容量が大きなファイルの場合、スマホユーザーは容量を気にして中々アクセスしてくれなくなるからです。