• ホーム
  • SNSを使えばサイトが上位表示されるというのは本当なのか?

SNSを使えばサイトが上位表示されるというのは本当なのか?

サイトのURL

大企業等がマーケティングを行う場合、最近ではTwitterやFacebook、インスタグラムと言ったSNSを活用することも増えて来ています。
こうした企業の中にはソーシャルメディア・ガイドラインを策定して、従業員が積極的にSNSを利用するように推奨しているところもあります。
すなわち、企業だけではなくそこで働いている人たちが一丸となって会社を盛り上げて行こうという機運が生じていることになります。
会社の評判が高くなれば、それだけ商品は売れることになりますし、それにはマンパワーが大切だと言う訳です。

しかし、こういったやり方は個人や中小の会社が行っても効果があるものなのでしょうか。
現実問題として効果の有無に関してだけ言えば、ウェブマーケティング関係の会社ではSNSを活用する事は直接SEOには関係しないという事を言っています。
それはなぜでしょうか。

大企業の場合と違って、中小企業や個人等はSNSの上でいくら情報を発信しても、その情報が伝わるのは自分の周囲の人間だけに限られてくるためです。
中には口コミによってユーザー数を大幅に伸ばしているようなサイトやお店等もありますが、こうした例は稀です。
やはり、出来るだけ多くの人に見てもらいたいと考えるのであれば、ポータルサイトや検索エンジンと言った既存のインターネット・コンテンツを利用することが欠かせないのです。

ですが、SNSで宣伝を行うことに全く効果がない訳ではありません。
Twitterは主に短い文章に特化したサービス、インスタグラムは動画や画像に特化したサービス、Facebookはその中間と言ったようにそれぞれのメディアに特徴があります。
こうした違いを活かすことで、同じ趣味や傾向を持つユーザーを効果的に取り込んで行けるメリットがある訳です。

ただサテライトサイトからのリンクを張るだけでは、自分でポータルサイトの代わりをしているのと同じことです。
リンクを辿って来たユーザーが自サイトに興味を持ってくれると言うことが大切になります。
そのためには、話題になりやすいSNSを活用することも一つのやり方だと言うことが出来ます。

ただし、こうしたSNSの多くでは企業活動のためのガイドラインが設けられています。
サテライトサイトを利用する時のように何でも出来るわけではないという点には注意が必要です。
SEO目的でSNSを使用するのであれば、こうしたガイドラインの有無も確かめておくようにしましょう。