• ホーム
  • 自サイトへのリンクはどんなテキストに張れば良いのか

自サイトへのリンクはどんなテキストに張れば良いのか

パソコンを使う女性

サイト運営を始めた時、まず気になるのは自サイトへのリンクです。
ネット上には様々なサイトがあるので、リンクして欲しいサイトもあればして欲しくないサイトというのもあります。
そういった場合、友達同士であればリンクをどうするかという事はそれほど気にならないのですが、やはりビジネスと言うと話は変わって来ます。
不自然なリンクはユーザーの人気を下げることになり、場合によっては自サイトへの悪戯や炎上と言ったリスクも発生して来ます。

もし一からサイト運営をしてネット・ビジネスを始めようと思うのであれば、まずはサテライトサイトを活用することで被リンク数を確保してみましょう。
サテライトサイトと言うのは、本サイトとは別に本サイトへのリンクを張っているサイトの事で、これが存在する事で検索エンジンからは信頼性の高いサイトだと言う評価を得ることが出来ます。

しかし、こうしたやり方は場合によっては検索エンジンのペナルティを招いてしまう場合もあります。
なぜなら、意図的に被リンク数を増やそうとするサイトは検索エンジンによってスパムだと見なされてしまう可能性があるからです。
背に腹は代えられないとは言え、やはりサテライトサイトからのリンクは出来るだけ自然なものに見せることが欠かせないと言えます。

一般的に言って、検索エンジンはキーワードが羅列してあるようなものではなく、きちんとした情報が書かれているサイトを高く評価します。
ですから、ただ文字数を増やすだけでなく、サテライトサイトのテキストもしっかりと内容のあるものにすべきです。
また、URLも分散させておけば、自然なサイトのように見えます。

テキストを自然なものに見せるコツとしては、文章の中に共起語を多く混ぜておくことが有効になって来ます。
共起語と言うのは、あるキーワードを使ったり調べたりする際に、それと一緒のタイミングで出てくるような言葉です。
例えば、という言葉であれば青い広いと言った言葉が共起語になります。
共起語を考える際には、今現在のタイミングでどんなキーワードに注目が集まっているのかもきちんと考慮するようにすると良いでしょう。

こうした言葉を混ぜてテキストを構成するようにすれば、検索エンジンは自然な文章だと判定しやすくなりますし、ユーザーもイメージの幅を広げることが出来ます。
自サイトのURLに辿り着くことだけを目指しているようなSEOは、検索エンジンにもユーザーにもあまり良い印象を与えません。
文字増しのようなテキストよりは、きちんと内容のあるもののほうがユーザーに好印象を与えますし、検索エンジンからのペナルティも受けにくくなります。