• ホーム
  • 知っているようで知らないリスティング広告

知っているようで知らないリスティング広告

SEOを始めたばかりの人は、インターネットの広告と言えばアフィリエイトを思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし、アフィリエイトだけが広告の全てではありません。
検索エンジンやポータルサイトに出稿される広告、それがリスティング広告です。

Yahoo!やGoogle等のニュースサイト・検索エンジンは誰でも見たことがあると思います。
こうしたサイトの多くでは、画面の両端等コンテンツの邪魔にならない部分にいくつもの広告が張られています。
これらの広告は全て、商品や情報を提供している会社やお店等がお金を支払って掲載してもらっている広告になります。

リスティング広告と言うのはもう少し詳しく書くと、Yahoo!やGoogleと言ったインターネット・ユーザーがよく利用するサイトに一覧表示される広告の事になります。
仕組みはアフィリエイトと似ていて、ワンクリックごとの単価として広告主が費用を支払うシステムになっています。

リスティング広告を利用するメリットは、何よりも多くの人の目に触れることになると言う点です。
アフィリエイトは基本的には同じ趣味等を持っている人同士が集まるサイトやブログに掲載されるため、効果の点で言うとアフィリエイター任せという感が否めません。
一般人のサイトには流行り廃りもあるため、マーケティングと言う観点から見れば不安定なものだと言えます。

一方、リスティング広告であれば多くの人の目に触れる事になるため、今までその商品に知識や関心がなかった人であっても、キーワードの設定次第では取り込むことが出来るという利点があります。
リスティング広告を掲載してもらう際に発生する費用は、上に書いたようにクリックごとの単価制となっているのですが、誰でもどこにでも広告が掲載してもらえる訳ではありません。

リスティング広告は入札制になっているので、競り落とした人だけが希望の場所に広告を掲載してもらえる事になります。
入札時には、ワンクリックごとに発生する支払額を入札単価として設定することになります。
入札に成功しなければ費用が発生することはありません。

ですが、より大勢の人の目に付く場所に広告を載せようとすればそれだけ落札価格は高くなりますから、どこに掲載するのか、キーワードはどうするのかと言った点をよく考えておく必要があります。
しかし、これからインターネットでのマーケティングを考えている場合、リスティング広告はアフィリエイトに比べると数段効果の高いやり方になると言えます。