• ホーム
  • 初心者は様々な種類があるCMSを活用すべき

初心者は様々な種類があるCMSを活用すべき

ネット上でビジネスを始めようと思っていても、ホームぺージ制作の知識がなければサイトを始めることは出来ません。
そんな時には今話題となっているCMSを利用して、ホームページを作るというやり方があります。
CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムと呼ばれるもので、あらかじめ用意されたデザイン用のテンプレートを使ってホームページを制作して行く方法になります。

このやり方であれば、ブログと比較するとより多彩なデザインやレイアウトが可能になる他、掲示板やECサイト等のコンテンツも作成出来ることが特徴となっています。
カスタマイズが簡単なだけでなく、誰でも手軽にビジネスに参加出来ることから人気が高まって来ている訳です。

しかし、CMSと言ってもネット上には多くのサービスが存在します。
それぞれの特徴には一長一短があり、ビギナーにはどれが最もふさわしいサービスなのかという点を見極めることは難しいでしょう。

まず、CMSにはオープンソース型、パッケージ型、クラウド型と言ったタイプの違いがあります。
このうちのクラウド型は、CMSを提供しているベンダーが持っているサーバーにサイトを作っていくもので、仕組みはブログサービスとよく似ています。
また、オープンソース型とパッケージ型は、自サイトにホームぺージ制作用のスクリプトをアップロードして、そこでサイトを作っていくと言うものです。

料金面で比較すると、パッケージ型とクラウド型は共にライセンス契約をして料金を支払う必要があります。
一方のオープンソース型は無料で使うことが出来ます。
簡単に説明すると、オープンソース型はパッケージ型の無料版だと考えれば良いでしょう。

どのタイプを使用しても良いのですが、ビギナーはまず日本語に対応したサービスを選ぶのが良いと言えます。
日本語化されていれば何かトラブルがあった時にも対処しやすいからです。
次いで重要なのは、テンプレートの数が多い事やセキュリティがしっかりしている事等になります。
テンプレートについては、有料のサービスであれば追加のライセンス料金を支払うことでバリエーションが増えることもあります。

気を付けなくてはいけないのは、セキュリティ面でしょう。
一般的に言って、CMSで作られたサイトには脆弱性がありハッカーの攻撃対象になりやすいことが知られています。
ですから、出来るだけ信頼度の高いサービスを選ぶ事とセキュリティを高めるためにシステムは常時アップデートしておくことが重要です。
こうした点は、利用者の口コミやレビュー等を参考にすると良いでしょう。